カードローンのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

どうしても通したい!審査の甘い、緩いカードローンランキング

 

目次

 

  • 審査の緩いカードローンの実態
  •  1-1:個人情報と信用情報を把握する
  •  1-2:審査の無いカードローンは要注意
  •  1-3:銀行の審査が緩くなってきている
  •  

  • 審査をどうしても通したい時
  •  2-1:審査を行っている会社が同じカードローンを選ばない
  •  2-2:口コミの情報も集めてみる
  •  2-3:審査に通りやすい条件を揃える
  •  

  • 審査の甘いカードローンランキング
  •  3-1:総合ランキング
  •  3-2:女性向け
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    審査の緩いカードローンの実態


    最近ではテレビCMや雑誌広告等で「最短即日融資」や「審査に落ちた人でも大丈夫」といった、まるで「誰でも簡単に借りられる」と錯覚してしまうほどカードローンに関する認識が緩くなっています。

     

    しかし、お金を借りることへの審査に緩いことが本当にあるのでしょうか。経済力も借入希望額も借入履歴も人それぞれある中、誰にでも等しく審査の緩い貸金業者は残念ながら存在しません。そのため、緩いとされているカードローンの中でも自分が最も審査に通りやすいと思われる貸金業者を見極めなければなりません。

     

    カードローン

     

     

    個人情報と信用情報を把握する


    審査には、申し込み時に提示した申込者の個人情報と信用情報機関で開示される借入履歴に関する情報が非常に重要です。個人情報では基本的なプロフィールから家族構成、居住形態、職種など更に詳細な情報を提示しなければなりません。

     

    ここで重要なのは、提示した情報がカードローン会社の求める信用度合いに合致するかどうかです。単身者が悪い訳ではありませんが、配偶者がいる事によって信用は増しますし、携帯電話のみの連絡手段よりも固定電話を持っていた方が信用が増します。さらに、居住形態も賃貸よりは持ち家の方が印象が良いですし、例え賃貸であっても居住年数が多い方が信用が増します。

     

    持ち家

     

    これらは全て、貸金業者が融資した額を全額確かに回収出来るかどうかの基準になってきます。極端な話ですが、単身者で連絡手段はケータイ電話のみ、尚且つすぐに引っ越せるような賃貸暮らしの場合と、家族があり固定電話も引いた持ち家で暮らしている場合とでは貸金業者が受ける印象が全く違います。貸金業者が最も嫌がるのは、連絡がつかなくなり金銭の回収が出来なくなることだからです。

     

    また個人の信用情報ですが、他社借入件数や借入総額、自己履歴や返済回数など借入に関する全ての情報をつぶさに見て、貸金業者は申込者に融資しても大丈夫かどうかを判断します。この情報は数千円程度で自分でも開示してもらえるので、申し込む前に一度確認しておきましょう。

     

    貸金業者はこういった個人情報と信用情報をスコアリングして審査の可否を決定します。そのスコアリングには会社によって点数の比重が決まっており、どの情報を重視しているのかは会社別で違っています。カードローンの審査が緩いとされる点は、このスコアリング情報を入念に調べ、自分に最も有利に働くカードローンを選んでこそ審査が緩く感じられるのです。

     

     

    審査の無いカードローンは要注意


    審査の緩いというよりもその審査自体が存在しない金融業者がありますが、その話に乗ってはいけません。貸金業法により届け出を出している金融業者には全て審査が存在しているはずですので、審査のない貸金業者は所謂ヤミ金であると判断して下さい。

     

    カードローン

     

    クレジットカードを所持していたり住宅ローンを組んでいたりと、既に取引のある銀行カードローンはほぼ審査無しでカードが作れたりもしますが、それは以前に審査に通った実績があり、銀行との信頼関係が築けているから成り立つ融資方法です。ヤミ金から融資を受けてしまった場合、高金利に苦しむのはもちろん振り込め詐欺に遭ってしまうと言ったトラブルは目に見えています。

     

    審査が緩いカードローンを探すことと、審査の無いカードローンを探すことは全く違います。 自分の条件をしっかりと把握し、審査の通りやすいカードローンを探して下さい。

     

     

    銀行の審査が緩くなってきている


    銀行カードローンと言えば審査が厳しいと一般に認識されていると思いますが、最近ではそのイメージは覆されているように思います。銀行カードローンの審査を担っている保証会社が審査の緩い消費者金融であった場合、その銀行カードローンの審査も通りやすくなるでしょう。

     

     

     

    審査をどうしても通したい時


    緊急にお金をどうしても借りたい時、焦って手当り次第にカードローンを申し込んではいけません。半年間のうちにカードローンの申し込みを3件以上行ってしまっては、信用情報機関でそれを見た金融業者の心証は悪くなり、申し込みブラックとして審査否決される可能性が高くなってしまいます。そのため、審査をどうしても通したい時ほど冷静になって情報を集める必要があります。

     

    カードローン

     

     

    審査を行っている会社が同じカードローンを選ばない


    カードローン会社が違うからといって、審査している会社も違うとは限りません。そもそも、審査はユーザーとの間に保証会社として仲介する立場にある他の金融業者が担っていることが多く、申請者はその点をよく確認する必要があります。つまり、申し込み条件に記載されている、

     

    「以下に述べる会社の保証を受けられる人」

     

    という欄に注目するべきなのです。これは、

     

    「その会社が自社の審査を行い、それによって融資を合否を判定しますよ」

     

    という意思表示です。例えば銀行カードローンに落ちたから消費者金融系のカードローンを申請しようとした場合、その消費者金融系カードローンが以前落ちた銀行カードローンの審査を行っている会社であったらやはり同様に審査に落ちてしまうでしょう。

     

    カードローン

     

    具体的に次の様に銀行と保証会社を列挙してみます。

     

  • バンクイック・じぶん銀行の保証会社は、アコム
  • 三井住友銀行の保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • みずほ銀行の保証会社は、オリエントコーポレーション
  • 東京スター銀行の保証会社は、新生フィナンシャル
  • 楽天銀行の保証会社は、楽天カード/セディナ
  •  

    となっています。

     

    個人融資に対する貸金回収の実力のある消費者金融や信販会社と信頼度は高いが個人よりも法人に強い銀行と結びつくことは双方にとってプラスでしかなく、最近では衰退して来た消費者金融を銀行が取り込むことが珍しくなくなってきました。

     

    関連リンク:企業融資と個人融資との違いは?それぞれの特徴と流れを確認

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    そのため、銀行の保証業務は関連グループ会社が担っている場合が非常に多くなっています。逆を言えば、借りたことのある消費者金融が保証に入っている銀行カードローンは審査基準が同じなため通りやすい傾向にあります。借り過ぎであると判断されてしまったり、個人情報や信用情報に変更や事故がない限り、その銀行の審査は通る可能性があるのでチャレンジする価値は十分にあります。

     

     

    口コミの情報も集めてみる


    自分と同条件にて申請した実績のある人の口コミを探してみましょう。年収や家族構成など、口コミから拾える自分と同条件の人の声は非常に役に立ちます。特に年収や借入履歴など、自分に近い情報を持つ人が審査に取ったカードローンはどこなのか探してみましょう。自分も絶対審査に通るとは限りませんが、通りやすいのは言えると思います。

     

    また口コミサイトだけでなく、個人のブログやサイト等もチェックしてみましょう。字数制限がない分より詳細に情報が乗っているはずですし、審査に有利な情報も記載されているかもしれません。

     

    カードローン

     

     

    審査に通りやすい条件を揃える


    もし審査をどうしても通したい時、出来る限り審査に通りやすい条件に自分を近づけてからトライしてみましょう。単身者は住民票だけでも実家に移すとか、固定電話を引いてみるとかです。もっとも、それらの行動は付け焼き刃の気休めにしかならないかもしれませんが、やってみるにこしたことはありません。

     

    カードローン

     

    また、複数の借入がある場合はひとまず銀行系カードローンにて提供されているローンの一本化を検討しましょう。借入額が同じでも、複数件の借入よりも1社から借りている方が金融業者の印象が良くなります。使っていなかったクレジットカードやキャッシング機能を解約し、審査に通るために最大限努力してみましょう。

     

     

    審査の甘いカードローンランキング


    審査の甘いカードローンと言えば聞こえは良いですが、金利が高かったりヤミ金まがいだったりと、ユーザーにとって気を付けたい金融業者はたくさんあります。たとえしっかりした金融業者であっても、実際のところは他人にとって審査が甘かったとしても自分にとってはそうではない可能性は十分にあるのです。

     

    今回は、それを踏まえた上で条件別にカードローンの人気ランキングがどうなっているのか見ていきましょう。

     

    カードローン

     

     

    総合ランキング


    多くの金融業者は借入希望額が50万円以下であれば収入証明書の提出を求めていません。しかし、それ以上の額であった場合は収入証明書の提出が必須ですし、総量規制に準じている金融業者の場合ですと収入証明書の提出如何に関わらず審査に落ちる可能性があります。

     

    また他社からの借入を現在返済中であったり、転職した直後など、様々な条件の人がどのカードローンを申し込めば良いのか迷っている時、安直に辿り着くのが「借りやすい」や「即日融資可能」といった審査の甘いカードローンではないでしょうか。

     

    あるランキングサイトによると、そうした条件中カードローンで最も人気のある金融業者は、

     

  • 1位 アコム
  • 2位 アイフル
  • 3位 プロミス
  •  

    順だと示しています。この3社はスピード審査、即日融資に対しても強い実績をもつ金融業者であり、

     

    カードローン

     

    特に1位のアコムは約8割の人が1時間以内に審査結果を得ることができ、そのうち約7割の人が1時間のうちに融資が受けられたと声が上がっています。

     

    カードローン

     

    2位のアイフルに関しては返済方法の多様性が魅力となっており、窓口や振込、コンビニなど自分の都合のいい返済方法が選べることが人気となっています。 またアイフルでも利用者の約8割の人が1時間以内の審査結果を得ており、そのうち約6割の人が1時間以内の融資を受けています。

     

    カードローン

     

    そして3位のプロミスですが、こちらは審査スピード、融資スピード共にアイフルと遜色ありませんが、自動契約機に足を運びさえすれば14時を回ってからでもその日のうちに融資が受けられることが人気となっています。多くの金融業者では営業時間が定められているため、余裕を持って午前中のうちに申請しておかなければスピード審査とはいっても営業時間を過ぎてから審査合格の連絡が来た場合は融資を受けられるのは翌営業日となってしまいます。

     

     

    女性向けカードローン


    服や化粧品・旅行など、女性は何かと出費が嵩む人が多いのではないでしょうか。最近では女性向けに可愛らしいデザインのカードが搭乗したり、使用用途によっては金利が安くなったりショッピングポイントが付くと言った様々な特典のある「女性向けカードローン」も展開されています。

     

    カードローン

     

    このジャンルで審査も比較的甘く、最も人気のあるカードローンを調べてみると、

     

    ランキングではアコムが提供する「アコムレディースローン」が1位となっていることがほとんどです。

     

    アコムレディースローンは最大30日間利息無料であり、金利も4.7%から18%。 なによりも凄いのは利用限度額が最大で500万円もあります。もっとも、年収やそのた信用情報と比較した利用限度額の設定ですのでいきなり500万円の融資が下りるわけではありませんが、お金のかかる女性に人気のある理由の一端が垣間見えます。

     

    そして2番目に人気のあるカードローンがアイフルが提供する女性向けカードローン「SuLaLi」です。

     

    金利は18%となっており高いですが、利用限度額が10万円となっている為翌月の一括返済が可能な範囲内なのでそこまで金利が負担になることはないでしょう。 それに限度額が10万円なだけあって借り過ぎるということもありませんし、物欲が止まらなくなる前にストップがかかるため非常に安心です。SuLaLiのカードデザインは女性が好む可愛らしいものが用意されているので、それも人気の1つだと言えます。

     

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    カードローン会社徹底比較

    各社比較ページ

    クレジットカード

    カードローン各社の特徴やメリット、デメリット等について比較検証しています。>>詳細を見る

     

     

    関連記事

  • カードローンが通らない時は審査基準を確認!『審査が通りやすい』とは?
  • カードローンの審査に落ちる5つの理由と申込みブラックや嘘が招く事実
  • カードローンの審査基準とは?会社に電話がかかる?+銀行系の利便性
  • カードローンは複数の申し込みをしても大丈夫?目安となる審査基準とは
  • カードローン申込みと審査の流れ!利用する前に確認すべき6つのポイント
  • 使用目的でカードローンの審査は変わる!?目的別ローンという選択肢
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP