カードローンのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

カードローンが通らない時は審査基準を確認!『審査が通りやすい』とは?

 

目次

 

  • カードローンの審査が通らないのはなぜか
  •  1-1:スーパーホワイト
  •  1-2:返済遅延した経験の有無
  •  1-3:利用していないキャッシング機能の保持
  •  1-4:多重債務と個人事業主
  •  1-5:申請書の記入ミスや書類不備
  •  

  • 抑えておきたい審査基準
  •  2-1:年収と勤続年数
  •  2-2:社会的信用度
  •  2-3:申請額に関して
  •  

  • 『審査が通りやすい』とはどういうことか
  •  3-1:ソニー銀行
  •  3-2:セブン銀行
  •  3-3:楽天銀行
  •  3-4:ジャパンネット銀行
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    カードローンの審査が通らないのはなぜか


    住宅ローンと違い気軽に申し込め、比較的審査も通りやすいはずのカードローンですが、それでも審査に落ちてしまう人がいます。分かりやすいところでいうと安定収入が見込めない場合や利用条件の年齢から外れている場合、申し込みブラック等の場合ですが、その他にもいくつか審査否決になる理由があります。

     

    カードローン

     

     

    スーパーホワイト


    初めてカードローンを利用する、または初めて金融業者から融資を受けるからといって審査が通るとは限りません。そういう人はスーパーホワイトといって過去に借入の履歴がないことから信用度合いを図ることが出来ず、カードローン会社から倦厭されがちなためです。

     

    これを回避するには、クレジットカードにキャッシングサービスを付加するといった借入に関する利用履歴を作るのもひとつの手です。 また比較的審査何度が低めの消費者金融系のカードローンに申し込んで借入履歴を作るのも手ではあります。

     

     

    返済遅延した経験の有無


    融資を受ける際の審査において、信用情報の照会があることは概知の通りだと思いますが、審査が通らない基準がどれくらいなのか把握している人は少ないのではないでしょうか。 信用情報機関には負債に関する取引の記録が詳細に残っており、2ヶ月以上の遅延はもちろん、履歴によっては1日でも返済が送れると事故として履歴が記録される傾向にあります。こういった遅延・事故の記録は最低でも半年は残っているとされており、信用情報としてカードローン会社に提示されますので返済能力に不安があるとみなされ審査が通らない可能性があります。

     

    カードローン

     

    また債務整理を行った場合の事故履歴は返済遅延履歴と違い、5年から7年間は保持され続けますのでその間の融資審査はまず通りません。こういった債務取引の履歴ですが、定められた一定期間が過ぎれば消えて行きますので審査が通らなかった人は返済遅延・事故両方の心当たりがないかまず確認して下さい。

     

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    利用していないキャッシング機能の保持


    ローンとして融資を受ける場合の申請において、見落としてしまいがちなのがクレジットカードについているキャッシング機能です。キャッシングを利用したことのない人であっても、その限度額内であればいつでも利用出来る点から、カードローン会社の審査を受ける際には融資分の借入として1件であると判断されてしまいます。 審査が通らない場合、利用していないキャッシング機能は解約してしまいましょう。

     

    カードローン

     

     

    多重債務と個人事業主


    他社からの借入が多数ある場合、審査が通りにくいことは言うまでもありませんが、その理由として考えられるのは、

     

    「返済不能に陥る可能性が高い人」

     

    とみなされる傾向にあるからです。審査をする金融業者は複数の会社から融資を受けている人を、

     

    「1社から希望額が引き出せなかった人」

     

    または、

    「借金を借金で返済している人」

     

    と判断します。そのため、借り入れている額の大きさに関わらず借入先は少ない方が良いと言えます。

     

    具体的に言うと、無担保ローンの借入は最高でも4件以下にまとめておきましょう。 また個人事業主向けのカードローンもサービスが開始されているところが多いですが、これも前提としてあるのは安定した収入の有無です。個人事業主としての実績がなく、また1年以上の経歴はあるが収入が不安定の場合審査は通り難いと考えましょう。 その場合の融資を受ける手立てですが、国民公庫などを利用検討するのが良いでしょう。

     

     

    申請書の記入ミスや書類不備


    審査に通らない理由として案外多いのが申請書の記入ミスや提出書類の不備です。 融資不可の理由は答えてもらえないことが殆どなため、条件を満たしていると自負している人はなぜ審査に落ちたのか理解出来ない場合があります。 融資を受けるまでは、入力・記入した内容にミスがないか、提出書類に不備はないかしっかり確かめて下さい。 例えば住民票などは発行より有効期限があるため注意が必要です。

     

    カードローン

     

     

     

    抑えておきたい審査基準


    カードローンの融資を受ける際、各社共通して審査基準となるのは返済能力があるかどうかです。具体的には審査を行う消費者金融が設定したチェック項目をスコアリングしていき、総合的に見て支払い能力の有無を判断するのですが、その審査基準は申し込むカードローンがどのような傾向にあるのか、金利や上限額がどのくらいかで決まってきます。では、項目別に審査基準を見ていきましょう。

     

     

    年収と勤続年数


    基本的に、カードローンを申請する場合具体的な年収の最低額の目安はありません。 極端に少なければもちろん審査は通りませんが、その審査基準は例え年収200万円程度であってもその収入が安定しているかどうかです。

     

    低収入の場合、収入にばらつきがなく長期間の勤続年数があれば審査基準には概ね届いていると考えて良いでしょう。 しかし、融資希望額が年収の3分の1以上であったり、または月々の返済額が月給の3分の1以上あると判断された場合審査を通ることは難しくなってきますので大口の融資は受けられないと思って下さい。

     

    カードローン

     

    また勤続年数ですが、最低でも1年以上はなければ返済能力があると信用されない傾向にあります。 転勤したての人や新入社員の人などは余程の地位に就いているか公務員でない限り融資が降りることは難しいでしょう。 年収と勤続年数は虚偽の申請をしてもすぐバレてしまいますので正確に申請する必要があります。

     

     

    社会的信用度


    クレジットカードの使用実績やその他ローンの申し込みなど、金融機関での借入取引履歴を作り、返済したという実績は社会的信用度として信用情報機関に履歴が残ります。 カードローンの審査基準はこの社会的信用度を基にリピートユーザーになるかどうか、融資額を完済してもらえるかどうかを見ていますので、これに傷がついていたり事故履歴が残っていると審査が通りません。

     

    返済遅延という傷を残さず、ユーザーはきちんと返済を行う人物であると判断してもらうためにも、社会的信用度を高めておく必要があります。 また、見落としがちですがケータイ電話やスマートフォンの料金、公共料金等をカード引き落としにしていた場合、振り込み忘れで一日遅延したとしても信用情報機関には遅延事故として履歴が残りますので注意して下さい。

     

    カードローン

     

    債務返済の不備に心当たりが無くてもこういった理由で審査に落ちてしまう人も少なくありません。自分の信用情報は問い合わせの上数千円で提示してもらえますので、申し込む前に一度確かめてみるのも良いかも知れません。

     

     

    申請額に関して


    申請額が多いから審査が通り難く、少ないから通りやすいとは一概には言えません。 融資の取引実績が既にある金融業者とは信頼関係が築けていますから大口の融資希望でも通るかも知れませんし、それは申し込んでみなければ分からないからです。

     

    初めて利用する金融業者とは信頼関係が築けていませんから限度額いっぱいに融資希望を申請しても通りにくいことは言うまでもありませんが、たとえ少額であっても信用情報機関に短期間で他社へのローン申し込みが複数あったと履歴が残っていた場合には審査に落ちる可能性があります。

     

    しかし、初めて利用する金融業者とは少額申請の方が審査が通りやすいことも確かです。初めての取引は金融業者としても様子見のところがありますから、限度額は控えめに申請した方が前向きに検討してもらいやすいと言えます。

     

    カードローンの審査基準には明確な目安がある訳ではないため、カードローン会社の特徴を見極めて自分に最も合ったところを選ぶことが審査に通る近道になります。 とはいえ、上記にある項目は各社共通した審査基準となっているので申し込みの際にはしっかりとチェックしておきましょう。

     

    カードローン

     

     

    『審査が通りやすい』とはどういうことか


    金融業者によって審査難易度が変わってくるのは概知ですが、審査が厳しいと言われている銀行カードローンを一度は利用しておくと返済能力に関する信用度が上がり、他の金融機関での融資も受けられやすくなってきます。 銀行カードローンは敷居が高いイメージが先行してしまいがちですが、最近では探せば比較的審査が通りやすいカードローンもあるようです。

     

     

    ソニー銀行


    口座が無くても申し込み可能なソニー銀行カードローンは、最短で1時間程度で審査の結果が分かるスピード審査を行っています。口座の開設も併せて申し込み出来るため、返済に他の銀行を経由することも無く、取引が非常に楽です。

     

    また審査を行うのは審査に強いと言われているアコムであり、アコム本体もサービス提供している主婦や学生でも申し込むことが出来るなど、間口の広いカードローン会社です。ソニー銀行は借り換え申請も受け付けているので、借金をまとめたいと考えている人にも検討する価値があるでしょう。

     

    公式サイト:MONEYKit - ソニー銀行(ネット銀行)

     

     

    セブン銀行


    融資上限額が50万円のため借金の一本化には不向きですが、スピード審査を謳うカードローン会社の中でも融資までのスピードがダントツで速いことが特徴です。面倒に思ってしまう本人確認等の提出必須書類に関しても、既に口座のある人は提出する必要がないことも魅力の1つでしょう。

     

    収入や居住年数を確認する書類を提出しなくて良いと言うことは、それだけ審査に通りやすいと言うことに繋がるものがあります。 またスピード審査に関しても最短10分で分かることも人気の理由と言えます。

     

    公式サイト:セブン銀行

     

     

    楽天銀行


    インターネット通販の大手である楽天が提供するカードローンは、メインユーザーとも言える主婦(主夫)に焦点を当てており、通常は審査の通り難い専業主婦(夫)の人でも審査が通りやすい銀行系カードローンとして有名です。申し込みすると楽天ポイントが1000円貰えるといった特典があり、扶養者の収入証明書の提出が要らないといった利点もあります。

     

    また総量制限の対象外となっているのでローンの一本化を考える人にも利用してもらいやすいように力を入れているようです。ただし上限額は500万円となっているため、もしもそれ以上の負債があるのであれば見送りましょう。

     

    公式サイト:楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク

     

     

    ジャパンネット銀行


    スピード審査による最短1時間審査完了と謳うのは他のカードローン会社と代わり映えしませんが、ジャパンネット銀行の最大の特徴は、融資の方法を指定希望銀行口座への振込をメインとするネットキャッシングにあります。ジャパンネット銀行はこの他にも多くの利点があり、初回申し込みの金利が初月無料であったり、専業主婦でも申し込みが可能となっています。その場合配偶者、または扶養者に安定収入があることが前提です。

     

    融資を受ける際にはジャパンネット銀行への口座開設を行う必要がありますが、総量規制の対象外として破格の利用上限1000万円であるので、多重債務に苦しんでいる人はジャパンネット銀行にてローンの一本化を検討する余地があります。 他の銀行系カードローンと比べ審査難易度が低いという訳ではありませんが、遅延すること無くきちんとした返済実績があり安定した収入があるのであれば審査が通る可能性も高いので申し込んでみる価値は十分にあります。

     

    公式サイト:ジャパンネット銀行:Japan Net Bank

     

     

    このように、銀行カードローンを利用する利点は金利が安く融資限度額が大きいだけではありません。 多重債務者は銀行カードローンに乗り換えてローンを一本化することによって返済の負担を軽減することが出来る点も大きなメリットです。 完済までの総支払額は「おまとめローン」の利用により個別に返済するよりも少なくなりますし、何と言っても債務を管理・把握することが非常に楽になります。

     

    カードローン

     

    上記の通り審査の通りやすい銀行カードローンもありますので、もし複数借入がある人は検討してみるのも良いでしょう。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    カードローン会社徹底比較

    各社比較ページ

    クレジットカード

    カードローン各社の特徴やメリット、デメリット等について比較検証しています。>>詳細を見る

     

     

    関連記事

  • カードローンの審査に落ちる5つの理由と申込みブラックや嘘が招く事実
  • カードローンの審査基準とは?会社に電話がかかる?+銀行系の利便性
  • カードローンは複数の申し込みをしても大丈夫?目安となる審査基準とは
  • カードローン申込みと審査の流れ!利用する前に確認すべき6つのポイント
  • 使用目的でカードローンの審査は変わる!?目的別ローンという選択肢
  • どうしても通したい!審査の甘い、緩いカードローンランキング
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP