カードローンのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

カードローンの上手な返済方法!複数カードをまとめると金利差がこんなに?!

 

目次

 

  • カードローンの上手な返済方法とは
  •  1-1:返済と収支のバランスを見直そう
  •  1-2:カードローンの上手な返済方法とは?
  •  1-3:借入先が少ない時の上手な返済方法とは?
  •  

  • 複数あるカードローンをまとめるメリット
  •  2-1:カードローンを1本化するメリット
  •  2-2:複数あるカードローンをまとめるには?
  •  

  • カードローンをまとめたときに実感する金利の差
  •  3-1:複数の借金をまとめるとどれくらい金利に差が出るのか?
  •  3-2:銀行カードローンでまとめるメリット
  •  3-3:金利を左右する要素を把握しておくこと
  •  3-4:完済シミュレーションで実感する金利の差
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    カードローンの上手な返済方法とは


    カードローンの返済に困っていませんか?長期間借りっ放しで少しずつしか返済が進まないものや上限ギリギリの借入を繰り返しているもの、すぐ返済出来ると思って別途少額融資を受けたものなど、気がつけばどの返済も中途半端に払い続けている…。なんて人も少なくないのでは無いでしょうか。

     

    カードローン

     

    カードローンに限らず、借入取引と言うのは途中で借入を繰り返さない限り返済を続けていれば必ず終わります。しかし同じ返済をするのでも、出来るだけ効率よく支払う利息も最小限で済ませたいものですよね。そこで、以下に上手なカードローンの返済方法について見て行きましょう。

     

     

    返済と収支のバランスを見直そう


    繰り返したカードローンや変わってしまった収入源や年収など、多重債務に苦しむ人は自暴自棄になって現在の収支と返済額のバランスを把握していない人も大勢います。しかし、積み重なったカードローンの返済からいち早く解放される為には、まず返済の現実を見直すことから始めなければなりません。

     

    カードローン

     

    社会的信用をなくさないためにも返済を滞ることは絶対に避けなければなりませんが、実生活と返済額が釣り合っていないのであれば任意整理や自己破産と言った債務整理も考慮する必要があります。これらの免責にはカードローン会社等貸金業者への支払いは免責されますが、税金からは逃れられないので注意して下さい。


    借金返済の前にまず行うべきことは、納税義務だと言うことを忘れてはなりません。
    そのため、債務整理しないにしろ、借金返済においては納税を後回しにしないようにしましょう。その上で、月々の収入とムダ遣いのない計画性のある出費を考慮して、月々いくら返済に充てられるのかしっかり把握しましょう。効率の良いカードローン返済への第一歩は、お金の管理をしっかり把握することです。

     

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

     

    カードローンの上手な返済方法とは?


    借入先が複数ある場合、素早く返済を終えるべきなのは金利の高い貸金業者との取引です。金利が高いということは、そこでの取引機関が長ければ長いほど支払う利息が多いということですから、ボーナスを利用した繰り上げ返済などは金利の高いカードローンに充てるようにしましょう。

     

    カードローン

     

    そのためにも、借入件数と借入期間、借入残高と利率はしっかりと把握しておく事が大切です。もし繰り上げ返済の当てが無いのであれば、利率の低いカードローンの月々の支払額を小さく出来るか交渉し、浮いたお金分を利率の高いカードローンへの返済額に上乗せしましょう。

     

    利率が高いということは、月々の返済額のうち、元金よりも利息の方がその割合を占めている可能性が高いのです。借入件数を確実に減らして行くことがカードローンを上手に返済する第一歩ですし、しっかりと取引条件を確認した上で計画的に返済して行きましょう。

     

     

    借入先が少ない時の上手な返済方法とは?


    利用しているカードローンが1件や2件の時、先ずはリボ払いを止めましょう。リボ払いはトータルで見ると支払い総額が利息により驚くほど高くなりますし、借入件数が少ないと言うことは、日常生活のムダを省けば必ず月々の返済額に上乗せして払えるようになります。

     

    カードローン

     

    そうでなくとも、2件から借り入れている場合は借入残高が少ない方から完済してしまいましょう。最終的な支払い総額が少ないと言うのは取引期間が短いということです。この場合も、借入件数を減らすことを目標に金利の高いものや借入残高の少ないものから順に片付けて行きましょう。

     

    以上のように、カードローンの上手な返済をするときにはしっかりと金銭の流れを把握することと、借り入れ状況の確認をすることが前提だと述べました。その上で、念頭に置くべきはとにかく「借入件数を減らすこと」だと言うことを忘れずに、利用しているカードローンと向き合ってみて下さい。


    返済計画への取り組みや順序が分からないときは、弁護士などの専門家に相談してみるのも良いでしょう。効率よく返済して、出費を最小限に抑えましょう。

     

    カードローン

     

     

    複数あるカードローンをまとめるメリット


    カードローンの効率の良い返済を考えたとき、借入件数や借入残高によってはひとつずつ取引先を減らして行くよりも、ローンの1本化を遠投した方が賢明なときがあります。借入件数が減るということは確実に借金が減っているという達成感がありますし、精神的な負担も軽くなるものです。

     

    そこでさらに、借金の返済先が1つに絞れるのであれば更に気が楽になることは用意に想像が尽きますよね。そこで、以下に複数あるカードローンをまとめることについて詳しく見て行きたいと思います。

     

    カードローン

     

     

    カードローンを1本化するメリット


    上述したように、借入先が1件に絞られると言うのは精神的な負担の軽減がメリットとして第一に挙げられるでしょう。その上、複数ある支払先がひとつになることで総合的な利率を確実に下げることになりますし、多重債務に悩んでいる人は是非検討すべき事柄だと言えます。

     

    生活の収支バランスと返済バランスを把握することはカードローンの返済において非常に重要ですが、複数あるカードローンをまとめると言うことは、あらゆるムダを省き返済財源を確実に増やすことへのモチベーションにも繋がります。

     

     

    複数あるカードローンをまとめるには?


    銀行系のカードローンなどで俗にいう「おまとめローン」などがあります。複数のカードローンをまとめるというのは、現在借りている全ての借金を肩代わりしてもらって完済し、その代わり肩代わりしてくれた貸金業者に月々返済して行くということです。

     

    つまり、総量規制にひっかかるため消費者金融系のカードローンでは借金はまとめられません。まとめた借金の総額が年収の3分の1に満たしていない場合なら消費者金融系でもまとめられるでしょうが、どちらにせよ銀行系カードローンよりも金利が高いのでオススメしません。

     

    カードローン

     

    複数ある銀行系カードローンには、借金を一本化するおまとめローンプランが用意されている所がほとんどです。安定した収入があり、信用情報にキズや事故の記録が無く融資するに値する信用度が認められれば、おまとめローンの申請に通る可能性は十分にありますので、多重債務をすっきりさせたい人や悩んでいる人は是非検討してみましょう。


    カードローンは気軽に借り入れすることができ、比較的審査も通りやすいところが増えているため複数の貸金業者と取引を持っている人も少なくありません。1件1件の返済額は少額かもしれませんが、積もり積もると馬鹿にならない返済額になりますし、借りやすいと分かれば次々に借り入れてしまって上限いっぱいまで借入してしまう人も少なくありません。カードローンは自分の純資産ではなく、借金なのだということを忘れずに、上手に返済して行きましょう。

     

     

     

    カードローンをまとめたときに実感する金利の差


    複数のカードローンを支払う時に直面することのひとつに、金利が大きいと言うものがあります。ひとつひとつ確実に返済していると、少なからず借金は減って行きますがトータルで見たときに支払う利息額に溜め息が出る人も多いでしょう。

     

    そこで、債務者の強い味方となってくるのが借金の1本化です。複数あるカードローンをまとめることのメリットは月々の支払い総額を抑えることにありますが、それらの金利を低くすることにも注目することが出来ます。そこで、以下に具体的な金利の差を見て行きましょう。

     

    カードローン

     

     

    複数の借金をまとめるとどれくらい金利に差が出るのか?


    カードローンの金利は限度額によって変わってくるので、借入先や融資額によって4~15%の金利の幅が存在します。おまとめローンを検討するときには一般的なおまとめローンの金利が18%前後であることを念頭に置き、各社検討してみるのが良いでしょう。

     

    銀行のカードローンで借金の1本化を図るとき、借入額と金利にもよりますが、まとめる前よりは大体3%くらいの金利差は見込めるはずです。しかし、消費者金融系のカードローンで借金をまとめるときには金利差を期待することは難しいかもしれません。この場合、月々の返済額が下がることと、トータルして考えると返済期間が短くなる可能性が高いことにメリットを見出して下さい。

     

     

    銀行カードローンでまとめるメリット


    複数ある貸金業者の中でも、銀行カードローンはその母体の大きさから低金利融資の実現が叶えられています。消費者金融系の平均金利が5~18%であることと比べ、銀行カードローンは3~15%となっています。つまり、複数のカードローンをまとめるのであれば総量規制の面から見ても、銀行カードローンを検討しましょう。

     

    カードローン

     

     

    金利を左右する要素を把握しておくこと


    一般的に金利とは、借入限度額が大きい程低くなるように出来ています。しかし、金利を左右するのは限度額だけではないことも知っておかなければなりません。金利を左右する要素には、

     

    「その貸金業者での取引実績があるかどうか、低金利で融資するに足る上顧客としての信用があるかどうか」

     

    というものがあります。


    具体的にある銀行で見られるのは、住宅ローンを利用している債務者にはフリーローンの金利を0.5%下げて金利13.5%で100万円融資する、というものがあります。銀行によっては金利を割引くキャンペーンを行っている所もありますし、まとめる先によっても金利には大きな差が出てきます。

     

    カードローン

     

    とはいえ、各社取り扱っているおまとめローンはローンをまとめる前よりも確実に低い金利を設定していることがほとんどですので、ローンの1本化を考える際には過去に取引実績のある銀行カードローンを筆頭に、複数の借金をまとめる際には金利に注目して検討するようにしましょう。

     

     

    完済シミュレーションで実感する金利の差


    おまとめローンを申し込む前に、担当者にローンをまとめることへのメリットをよくよく確認するようにしましょう。一般的に言えることは、複数のカードローンをまとめる事によって金利が下がり、返済期間を短縮しつつも返済総額を抑えることが出来るということです。それをしっかりと把握する為に、おまとめローンを検討している銀行にて担当者としっかり完済シミュレーションするようにしてください。

     

    カードローン

     

    またこの時、前述した内容と反してしまうのですが、これと正反対の出来事が見えて来ることがあります。つまり、返済期間が伸びて返済総額が増えるというものです。

     

    この場合、メリットとして挙げられるのは、月々の返済額がまとめる前よりも低く抑えることが出来るという点です。もちろん月々の返済額を抑えながら返済期間の短縮と支払い総額の抑制が叶うプランを持つ銀行もあるだろうし、自分の希望に叶うおまとめローンをしっかりリサーチする必要があります。

     

    以上にて、複数のカードローンをまとめることによって見えて来る金利の差を記述してきましたが、大切なのは収支のバランスと返済額のバランス、そして完済までの長期的な目で見た計画性のある返済プランです。

     

    カードローン

     

    おまとめローンを利用することは複数のカードローン利用者の方には是非検討して頂きたい項目ですが、上記のように支払い総額が増えるケースもあると言うことを念頭においてください。その上で、自分の希望する返済方法がどれなのかしっかり見据えて希望に叶うローンのまとめ先を探すようにしましょう。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

     

    カードローン会社徹底比較

    各社比較ページ

    クレジットカード

    カードローン各社の特徴やメリット、デメリット等について比較検証しています。>>詳細を見る

     

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP